パターン合同練習会 鳥取      4月29日30日           

29日(土)30日(日)は上下肢のバリエーションの練習会

中間関節(肘・膝)のコントロールが必要になってきます。

IPNFAのパターンの定義では遠位の運動要素が終わり
中間関節と近位関節が同時に動くことになるわけです。

例えば、下肢の伸展・外転・内旋-膝伸ばしパターンを例に挙げると
股関節伸展はハムスト・殿筋とすれば、膝関節伸展は四頭筋
が基本的な主動作筋になるかと思います。

しかし、下肢の伸展・内転・外旋-膝曲げながらパターンの様に、
曲げながらパターンの場合、股関節伸展はハムスト、膝関節屈曲もハムストが
基本的な主動作筋になるため、筋の中で固定側と運動側の関係が作れず
両側から筋が短縮することで、筋の運動量は多くなり
疲労しやすい状態になりやすいと思われます。
(練習中にも”足がつりそう”とのコメント聞かれました)

中間関節の曲げながら、伸ばしながらのパターンを練習する際には
2関節筋の運動についても考えながら行うと楽しいかもしれません。

次回はマット動作の練習会です!!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中