6月9日・23日 グリーンデール出張練習会 

いつも米子まで足を運んでくれる参加者のお誘いで
鳥取市でハンドリング練習会を行いました。

初回は、骨盤帯の前方挙上と後方下制を用いて、ポジショニングを変えながら、構造レベルから活動レベルへのハンドリングを練習しました。

まず、側臥位での骨盤帯パターンとして、対称性相反性について行いました。
例えば、骨盤帯を前方挙上方向に動かすと、自然と肩甲骨が後方下制方向に反応してきます。メカニズム的には歩行の遊脚期の体幹運動に近い状態になるんですが、イラディエーションによる反応を感じやすいと思います。

2回目は、起き上がり動作、座位でのパターン練習を行いました。
抗重力位に近づくに従い、骨盤帯の運動を利用することで、重心移動を促したり、安定位を作る事が可能となってきます。

今後も継続して行いたいと希望をいただき、大変光栄に思います。
来月からの再開に向けて、力を蓄えたいです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中