Speial course of Spasticity

8月18日から20日まで、痙性について講習会を行いました。
講義では 主に
①痙性と筋緊張亢進の理解・評価と適応現象について
②陽性兆候と陰性兆候の関連性
③クリニカルリーズニング

実技では
①評価についての実技
②患者モデルを通じてのハンドリング練習と
当日はベネディクト氏によるデモもあり、大変充実した内容でした。

内容については、勉強会デールの中でも少しずつ、紹介できればと考えています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中