IPNFA Level 4 Neuro in Tokyo 8.29 ~ 9.2 2017

週明けてのベネディクト氏レベルニューロ
短期間で二つの講習会に参加してわかったことは、講習会同士のつながりが整理されており
Spasticitiy(痙性)講習会は脳卒中・急性期後の患者さんをより深く理解することがメインでありレベル4ニューロはPNFとしてどのように中枢系を考えるかが目的であったように感じた。そこで、レベル4では伝えきれない情報を整理して、ベネディクト氏独自のスペシャルコースが生まれたと考える。

今回のレベル4はスケジュールも従来のコースと異なり、まず治療デモから入り、臨床ありきからでスタートしたが、その後の講義・実技との関連性がクリアで、さらに内容が興味深いものになっている印象を受けた。
さらに、参加されていた患者さんのほとんどを、受講生の前でデモするという、参加者全体で情報共有する形も理解を深める意味で大変良かったと感じた。

2

講義は内容と患者さんの症状・現象がリンクされており、実にわかりやすい印象を受ける。
さらに、自分の身体を使っての患者モデルの提案・・・これはとても強い印象を受けた。
養成校時代・臨床実習でやっていたことを、経験を積むにつれ、やらなくなっている自分に積み重ねの大切さを教えてくれた…特に脊損患者モデルのパフォーマンスは目を見張るものがあった!!

実技はリーズニングベースの展開で、参加者に考えさせながら進み、知識と技術がうまくつながるように配慮されていたe3

松田先生(IPNFA Advanced Instructor)も加わり、参加者にはハンドリング練習の機会が多く設けられたので、実技面でのフォローもしっかりされている印象を受けた。

5

とにかく楽しいベンさんのレベル4Neuro…
鳥取でも2019年1月18日から22日に開催が決まりました!!
鳥取ではベンさんが手取り・足取り指導いたします!!

中枢系をメインにしている方・整形疾患系の施設で働いているけど、中枢に興味のある方等…
是非参加ご検討ください!!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中