IPNFA認定シニアインストラクター  Marcel Grzebellus氏ベーシックコース

2月4日から8日、3月6日から10日まで行われました、マーセル氏をお招きして開催したベーシックコースも無事終わりました。

今回のアシスタント活動でも数多く,指導について、勉強させていただきましたが、中でもその方法については特に感慨深い物がありました。

指導・・・How to ではない、自分独自のスタイルを確立することなのだと感じました。

現在、先日シニアに昇格された市川先生を始め
シニアインストラクターを中心にその指導を受けているわけですが
IPNFAのコンセプトの核となるものは
「共通項目であり、共通認識されている部分・・・」
指導上必ず外してはいけないポイントですが、
その教授方法についてはインストラクターごとの解釈が存在します。
そのことはPNFの多様性・幅広い考え方につながると思う反面
方法が異なることによって、インストラクターにより、力を入れるポイントに違いを産むことにもつながります。

ただ勘違いしてはいけないのは
どのインストラクターがよいとか悪いとかいう問題ではないです。
それぞれのスタイルがありつつもわかりやすい…この部分は共通しているので

各インストラクターの指導方法を参考にしながら
自分のスタイルとして、どの様な指導がみなさんにとっても自分にとってもわかりやすいのか、引き続き思考錯誤しながら、探していきたいと思います。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中